建屋が完成。事業への思い。


ようやく建物が完成し、整理がついてきました。このちっちゃいワークスペースと石油ストーブからすべてはじめていきます。

信州須坂はたくさんの農家さんがあります。パイロット農園 信州三木農園でもたくさんの果物をつくっています。

須坂の農家さんへのリサーチを行うと、実質4割がお金になっていない農家さんもおられました。その多くは形が悪いし市場にだせないから、「おすそわけ」としてまわりにあげている、自家消費するというものです。

もちろん近所のおつきあいの中で、『田舎のおすそ分け』の文化が都会からの移住者へ語られますが、それは「あげて、もらう」というお互い様、助け合いの姿ですので「おすそわけ」をするのはとっても大切です。

しかし思いを込めた製品が規格外になり、廃棄されていくのはとても心苦しいものがあります。

また、ジュースにするといってたくさんの果物が本当に安い価格で引き取られていくのは、本当に農家さんのためになっているのか、消費者としても考えないといけないのではないか、という気持ちになります。

乾燥加工のこの取り組みが地域の農家の新しい選択になればと思っています。


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2017 株式会社おひゃくしょうMeets

  • Facebook Social Icon